Wiki

Top 20 貴族 扇子 ヨーロッパ

トピック貴族 扇子 ヨーロッパに関する情報と知識をお探しの場合は、vozz.vnチームが編集および編集した次の記事と、次のような他の関連トピックを参照してください。

貴族 扇子 ヨーロッパ

キーワードの画像: 貴族 扇子 ヨーロッパ

貴族 扇子 ヨーロッパに関する最も人気のある記事

1. アンティークレースと手描きで貴族の男女の社交が描かれた …

  • 作成者: heritage-aj.com

  • レビュー 3 ⭐ (13981 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 アンティークレースと手描きで貴族の男女の社交が描かれた …

  • 一致する検索結果: ���X�[��͌������̐e�F�A�������̈��l�ł����B���������Ȃ���̂����߂ɑς����ˁA����S����돂���ォ�������߁A�������̌��𓦂��o���Ďs��łЂ�����ƕ�炵�Ă��܂����B

    ������A17�΂̌������������Ŋ_���ɗ��܂��Y��ȗ[��̉Ԃ𒭂߂Ă���ƁA�u����͗[��Ƃ����Ԃł���v�Ƙb���������܂��B�U������Ɖ����ɂ͂ӂ��킵���Ȃ��D��ȕ����̏����ŁA�ǂ���炱�̊_���̉Ƃ̎g�…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://heritage-aj.com/2018/07/fan-l-18-0713.html” width=”600″]

2. ヨーロッパ宮廷で流行した扇の原型は日本のもの … – アメブロ

  • 作成者: ameblo.jp

  • レビュー 4 ⭐ (38991 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 ヨーロッパ宮廷で流行した扇の原型は日本のもの … – アメブロ 美しいものの持つ優雅で強くしなやかなエネルギーをみなさまにご紹介できたらとても嬉しいです^^ 美しいもののエネルギーに触れることでますます美しく …

  • 一致する検索結果: ヨーロッパ宮廷でつかわれた扇も

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://ameblo.jp/marquisedepompadour/entry-11567815832.html” width=”600″]

3. 日本の貴族もフランスの貴族(マリーアントワネットの時代 …

  • 作成者: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

  • レビュー 3 ⭐ (12919 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 日本の貴族もフランスの貴族(マリーアントワネットの時代 … 流行の結果、ヨーロッパでも扇子の生産が始まります。 が、和紙のような紙はヨーロッパにはありません。 和紙は厚くて丈夫で日用品として使うには便利 …

  • 一致する検索結果: なぜ昔のヨーロッパでは、コロンブスなど日本のことを黄金の国ジパングと呼んでいてそう思っていたんですか?

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1482546244″ width=”600″]

4. どうして畳んだまま手に扇子? 皇室の方々が儀式や行事の際 …

  • 作成者: sensu-yamani.jp

  • レビュー 3 ⭐ (1523 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 どうして畳んだまま手に扇子? 皇室の方々が儀式や行事の際 … 一方、ヨーロッパにおける扇子の歴史は、17世紀の貴族女性の持ち物だと言われておりました。貴族の婦女子は大声で会話するのではなく、扇子で口元を隠し、静かに会話 …

  • 一致する検索結果: 一方、ヨーロッパにおける扇子の歴史は、17世紀の貴族女性の持ち物だと言われておりました。貴族の婦女子は大声で会話するのではなく、扇子で口元を隠し、静かに会話するのが一般的でマナーとされていました。また、当時はあおぐという実用的な役割だけでなく、恋の駆け引きやコミュニケーションをとるために「扇ことば」というジェスチャーを用いて、様々な意思疎通を図っていたとされています。舞踏会で、扇子を使って会話をしているようなシーンをよく見かけますよね。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://sensu-yamani.jp/topics/” width=”600″]

5. 何げない日常に潜む日本文化~扇子~ | 日本文化を探る | いろり

  • 作成者: 1200irori.jp

  • レビュー 3 ⭐ (2631 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 何げない日常に潜む日本文化~扇子~ | 日本文化を探る | いろり こうして扇は、平安時代の貴族の礼装に欠かせない必需品となり、礼儀や … 鎌倉時代に、日本の扇子は中国を経由しヨーロッパへと渡ったと言われています。

  • 一致する検索結果: 伝教大師最澄1200年魅力交流コミュニケーションサイト「いろり」

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://1200irori.jp/content/learn/detail/case20″ width=”600″]

6. 団扇と扇子の関係 – 伊場仙

  • 作成者: www.ibasen.co.jp

  • レビュー 4 ⭐ (39336 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 団扇と扇子の関係 – 伊場仙 団扇の部分をスライスし、折り畳めるようにしたのが扇子の始まりです。 … 中国へ渡って白檀の扇子に、またヨーロッパに渡ってシルクの扇子に変わりました。貴族階級 …

  • 一致する検索結果: 扇子が夏の持ち物として庶民に広まったのは、江戸後期のころです。日本の扇子は15世紀頃から海外に出るようになります。中国へ渡って白檀の扇子に、またヨーロッパに渡ってシルクの扇子に変わりました。貴族階級のための扇子ではありますが、京都、南京、パリ、マドリードには沢山の扇子職人がいたと言われています。一方団扇の方も、主に武将が軍を指揮するときに使う物となりました。現在も相撲の行司さんが持っている、軍配に当時の原型を見ることが出来ます。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.ibasen.co.jp/pages/uchiwa_and_sensu” width=”600″]

7. 京扇子について | 京都|投扇興|絵付け体験

  • 作成者: hangesho.com

  • レビュー 4 ⭐ (21005 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 京扇子について | 京都|投扇興|絵付け体験 鎌倉時代の頃、もともと朝廷・貴族や僧侶・神職たちにだけ使用を許されていた扇は、僧侶たちによって中国へ渡り、江戸時代にはヨーロッパへと伝わり広がっていき、 …

  • 一致する検索結果: 鎌倉時代の頃、もともと朝廷・貴族や僧侶・神職たちにだけ使用を許されていた扇は、僧侶たちによって中国へ渡り、江戸時代にはヨーロッパへと伝わり広がっていき、やがて室町時代になると、片面にだけ紙を貼ったそれまでの日本の扇が中国で変化を遂げ、両面に紙を貼った「唐扇」として逆輸入され、日本国内でも発展することになりました。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://hangesho.com/shop2/user_data/kyosensu.php” width=”600″]

8. 扇子の歴史

  • 作成者: sensu-daiko.com

  • レビュー 4 ⭐ (38952 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子の歴史 初期の檜扇は男性貴族が公の場で略式の笏(しゃく=束帯を着用するとき右手に持つ … 高く評価され、大航海時代には中国を経由してヨーロッパにまで輸出されました。

  • 一致する検索結果: 鎌倉・室町時代になると、扇子は武将が戦場で軍勢を指揮する際にも使われるようになります。扇骨が鉄でできている鉄扇は扇面に日輪や月輪が描かれ、平時にも護身用に用いられるようになりました。武士階級においては、刀と同じ物と解釈され尊ばれたといいます。 礼法が確立された室町時代には、庶民の間でも暮らしの折目節目に扇子が使われるようになります。正月や御宮参り、結納・結婚の祝儀の贈答や選別などにも、扇子が取り交わされるようになりました。 また、この時代に生まれた能楽、歌舞伎、舞踏などの芸能や、茶道・香道などにおいても、扇子は欠かすことのできない小道具として重宝されるようになりました。この頃、貴族や神職だけの…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://sensu-daiko.com/cont/history.html” width=”600″]

9. 扇子を持つ女 – 世界の歴史まっぷ

  • 作成者: sekainorekisi.com

  • レビュー 4 ⭐ (35724 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子を持つ女 – 世界の歴史まっぷ 扇子を持つ女(ピエール=オーギュスト・ルノワール画/エルミタージュ美術館蔵)©Public Domain. 扇子を持つ女. 公開日 2017-11-23

  • 一致する検索結果:
    公開日
    2017-11-23
    最終更新日
    2019-07-15

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://sekainorekisi.com/glossary/%E6%89%87%E5%AD%90%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E5%A5%B3/” width=”600″]

10. 扇子-Arachina中国旅行

  • 作成者: www.arachina.com

  • レビュー 4 ⭐ (20923 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子-Arachina中国旅行 貴族や学者たちが扇子に詩や画などを描いたことから芸術的価値が生まれました。 … このあたりから、ほかの国々、特にヨーロッパに伝わって行きました。

  • 一致する検索結果:
    扇子は、隋や唐時代(約6―10世紀ごろ)の辺りから、当時の学者層に好んで用いられるようになりました。貴族や学者たちが扇子に詩や画などを描いたことから芸術的価値が生まれました。明の時代(約15-17世紀ごろ)から、折り畳み式の扇子が流行りはじめ全国に広まりました。清の時代(約17-20世紀ごろ)は折り畳み式の扇子が発展した時代です。官僚と文人の間で競って用いられ、扇子は芸術品のみならず、身分と地位の象徴として大流行しました。このあたりから、ほかの国々、特にヨーロッパに伝わって行きました。民国時代の多くの肖像画や絵画の人物が扇子を手にしていることからも、扇子が文人や知識人などの身分・地位の象徴…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.arachina.com/culture/crafts/shanzi.htm” width=”600″]

11. 扇子のマニアックなお話し 【扇子のギモンを解決! vol.4 …

  • 作成者: www.kimonoichiba.com

  • レビュー 3 ⭐ (1104 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子のマニアックなお話し 【扇子のギモンを解決! vol.4 … 生まれは日本ですが、シルクロードを渡ってヨーロッパへ行ったんですね。 いま――― フランスの貴族が羽飾りのついた扇を持っている油絵、見たことが …

  • 一致する検索結果:   いま―――
      どうやらわたしたちの前世がヨーロッパの貴婦人だったってことはなさそうですね(笑)

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.kimonoichiba.com/media/column/627/” width=”600″]

12. うちわの歴史・チラリズムの陰にうちわあり。貴婦人のお顔を …

  • 作成者: www.utiwaya.com

  • レビュー 3 ⭐ (5871 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 うちわの歴史・チラリズムの陰にうちわあり。貴婦人のお顔を … しかし、皮肉なことに同時にこの時代の風潮によって うちわは扇子にその座を奪われ … この陰でうちわは段々と貴族社会の中でその場を失われていったわけですが、その …

  • 一致する検索結果:
    そう、後発で開発されたうちわの弟みたいな扇子。 これは当初は男性が持つメモ代わりのものでした。 世の男性は木簡という、書を記すためのうすい木の板を持ち歩いていたのですが、これが持ち歩きに不便なことは誰が想像してもわかります。 なんかいい方法はないかとどこぞの殿方が糸で綴じてみたら あらこれは便利! …というわけで、これがのちに「檜扇」とよばれる扇子の原型。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.utiwaya.com/column/lady” width=”600″]

13. N.0536 ベルエポックのエヴァンタイュ グレーオーストリッチ …

  • 作成者: pageml.exblog.jp

  • レビュー 3 ⭐ (10635 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 N.0536 ベルエポックのエヴァンタイュ グレーオーストリッチ … 「デュヴェルロワ」は当時、ヨーロッパの王侯貴族御用達の扇工房&贅沢品の店として有名でした。 箱の内部はリーフグリーン色の張り紙製、

  • 一致する検索結果:
    このブログの更新通知を受け取る場合はここをクリック

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://pageml.exblog.jp/17123729/” width=”600″]

14. 扇子の歴史や様々な役割に注目~知っておきたい … – 四季の美

  • 作成者: shikinobi.com

  • レビュー 3 ⭐ (9445 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子の歴史や様々な役割に注目~知っておきたい … – 四季の美 鎌倉時代には中国へ渡り、更にヨーロッパまで伝わったと言われています。 扇子は中国で両面貼りとなり、日本に逆輸入されるようになりました。 これが現在 …

  • 一致する検索結果: 鎌倉時代には中国へ渡り、更にヨーロッパまで伝わったと言われています。
    扇子は中国で両面貼りとなり、日本に逆輸入されるようになりました。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://shikinobi.com/sensu” width=”600″]

15. 扇子の歴史 – 宮脇賣扇庵

  • 作成者: baisenan.co.jp

  • レビュー 3 ⭐ (19908 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子の歴史 – 宮脇賣扇庵 続いて竹や木を骨として、片面にだけ紙を貼った「蝙蝠扇(かわほり)」という紙扇 … 江戸時代後期になると、扇はインドやルイ王朝のヨーロッパにまで伝わりました。

  • 一致する検索結果: 鎌倉時代になると、禅僧などによって扇は中国へ渡りました。そこで紙が両面に貼られるスタイルに変化し、室町時代に「唐扇」として逆輸入され、日本の扇にも使われるようになりました。また、この時代に現代の日本の扇の基本となる形が確立しました。江戸時代に入ると、扇作りは、冠、烏帽子作りとともに「京の三職」として栄え、庶民の日常生活へ普及。江戸時代後期になると、扇はインドやルイ王朝のヨーロッパにまで伝わりました。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”http://baisenan.co.jp/tradition/” width=”600″]

16. 扇子の歴史 | Moét(モエ)

  • 作成者: moetfan.com

  • レビュー 3 ⭐ (6777 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 扇子の歴史 | Moét(モエ) 平安時代は、扇子は朝廷・貴族の遊芸用か僧侶・神職の儀式用として使用され、一般の … 江戸時代に、ヨーロッパに広がり、日本の折りたたみ式扇子は異国情緒的な品物 …

  • 一致する検索結果: ヨーロッパでも、扇子は、恋愛の小道具として愛されていました。「扇言葉」という物があり、洗練された女性は、言葉を語らずに、扇の動きで恋愛感情を表現しました。
    例えば、スペインでは、舞踏会で付き添いの目を盗んで、女性が気持ちを寄せる男性へ扇言葉により自分の心を伝えました。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”http://moetfan.com/about/history/” width=”600″]

17. 【10-04】団扇と扇子 その一つ一つに込められた情感

  • 作成者: spc.jst.go.jp

  • レビュー 3 ⭐ (19282 レビュー)

  • 最高の評価: 3 ⭐

  • 最終評価: 1 ⭐

  • 概要: についての投稿 【10-04】団扇と扇子 その一つ一つに込められた情感 一つは、貴族が他所の土地へ行くときに乗る車の上に取り付け、天蓋のよう … 扇子は当時の貿易の売れ筋商品の一つとなり、ヨーロッパの多くの国々に …

  • 一致する検索結果:  明治時代、日本の扇子は当時の貿易の売れ筋商品の一つとなり、ヨーロッパの多くの国々に輸出された。その頃、扇子は紙面から絹面へと発展し、非常に人気が高かった。大正時代(1912年~1926年)になると、扇子はすでに普通の庶民の間にどんどん普及し、人々の生活・外出の必備品となり、さらに、祭祀、仏教法会、民俗的活動において特有の文化的機能を発揮した。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://spc.jst.go.jp/experiences/change/change_1004.html” width=”600″]

18. 京扇子 – ニッポンの記念品なら「これいい和」-伝統工芸品 …

  • 作成者: japan-novelty.jp

  • レビュー 4 ⭐ (25750 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 京扇子 – ニッポンの記念品なら「これいい和」-伝統工芸品 … ヨーロッパに渡った扇子は、紙のかわりに絹を張った製品や、骨に真珠を埋め込んだ豪華絢爛な製品が作られ、貴族階級の女性に愛されます。その後日本へ逆輸入され「絹 …

  • 一致する検索結果: 扇子は平安時代初期に作られたといわれています。当時、筆記用具として利用されていた木簡の片端を紐で閉じて持ち歩いたものが、「檜扇」と言われ、扇子のはじまりだとされています。 安時代の中期には骨に紙を貼った扇子が登場します。5本の骨に紙を貼ったもので、蝙蝠(こうもり)が羽を広げた形に似ていたことから、「蝙蝠(かわほり)扇」と呼ばれました。 その後、鎌倉時代に中国へ輸出された扇子は、世界各地へと広がり、江戸時代にはヨーロッパへと広がります。 室町時代以降、香道、茶道、舞踊などの発展に伴い、それぞれに用いられる扇子も作られるようになりました。 ヨーロッパに渡った扇子は、紙のかわりに絹を張った製品や、骨…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://japan-novelty.jp/traditional/kyoto/” width=”600″]

19. 団扇と扇子の違いとは? | オリジナルうちわ(ウチワ)製作屋

  • 作成者: www.e-anfini.co.jp

  • レビュー 4 ⭐ (37319 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 団扇と扇子の違いとは? | オリジナルうちわ(ウチワ)製作屋 扇子も初めは一部の貴族や神職者といった高貴な人達に中でしか使うことが … 扇子ですが、これが中国へ伝わって大きく発展して、さらにヨーロッパの …

  • 一致する検索結果: 日本で発祥した扇子ですが、これが中国へ伝わって大きく発展して、さらにヨーロッパの諸国にまで伝わるようになりました。中国やヨーロッパの古い映画などでも羽の扇子を見ることができますが、これは日本から伝わったものということを知ると日本も結構影響力を持っていたということが分かります。フランスでは貴族の女性などが羽根のついた扇子を使ってコミュニケーションをとっていました。

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://www.e-anfini.co.jp/uchiwa/blog/670/” width=”600″]

20. Musee de l’Eventailのレビュー – パリ – Trip.com

  • 作成者: jp.trip.com

  • レビュー 4 ⭐ (27285 レビュー)

  • 最高の評価: 4 ⭐

  • 最終評価: 2 ⭐

  • 概要: についての投稿 Musee de l’Eventailのレビュー – パリ – Trip.com 扇子博物馆这里收藏一些,you,中西文化不同的,传统的歌中的三次山纸, … なパターンを持つこれらのファンは、かつてヨーロッパの貴族の女性にとって必需品でした。

  • 一致する検索結果: ファン博物館(ファン博物館)は、ファンの歴史と芸術に特化した世界初の博物館です(世界には2つだけのファン博物館があり、もう1つは中国の杭州にあります)。博物館には世界中から4000人以上のファンが集まり、その最も古いものは11世紀にさかのぼります。美術館のシンプルな赤レンガの外観の建物は平和でエレガントで、12世紀から現在に至るまで世界中からファンの幅広いコレクションがあり、18世紀から19世紀のヨーロッパのファンのコレクションは特に豊富です。ユニークな形とユニークなパターンを持つこれらのファンは、かつてヨーロッパの貴族の女性にとって必需品でした。彼らは技量が絶妙であり、重要な記念の重要性と暗…

  • ソースからの抜粋:

  • [browser-shot url=”https://jp.trip.com/review/musee-de-l-eventail-22953608-153566795″ width=”600″]

貴族 扇子 ヨーロッパの手順

Check Also
Close
Back to top button